10月28日 小さい頃の経験と道具
家具には、作り方の種類や設置方法の種類、家具の種類など
色々な分類がありますが、脚物と箱物という分類もあります。
テーブルや椅子など脚があるものが脚物、収納などが箱物。
私は、全般に製作していますが、脚物を得意にしています。

小さい頃、秘密基地や秘密の通路を考えて、絵を描くのが好きで
大学までは建築家を目指し、今は家具工房で世界最高品質を目指しています。
自分のことを器用と思ったことは無いのですが、
製造工程や品質確保を通して、デザインを考えるのは、とても好き。

ふと、中学の夏休みの宿題で椅子を父親と作ったのを思い出しました。
リアルに自分用の椅子が無かったので、
クラスの文化祭の課題「道具を作る」に夏休み制作し、出品。
それからずっと使っていました。

中学の技術家庭で、ティッシュボックスを作る課題では、
そのままでは面白くないので、自宅のセダン(懐かしい)の後ろの窓の
スペースに置くように3角形にしたり。
そんな経験が今の仕事に影響していると、感じます。

自分が不器用と思ったのも、小学校の頃、自宅で鋸を使って、
上手く切れなかった経験の影響もある気がする。
今思うと、鋸が錆びていて、あれでは切れないはず。
子供の頃の経験には、良い道具を使わせてあげないと。
もう高校生で遅いですが。

[PR]
by hwf05 | 2017-10-28 13:50 | ■工房の様子 | Comments(0)
<< 10月30日 大雨と息子の家事 10月27日 スピード、スピー... >>


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。
by hwf05