カテゴリ:・情報と資料( 6 )
送り寄せ蟻組みという固定方法
f0059103_1116285.jpg

写真は、椅子を組み立てている様子。
初めて、木製座面を載せる椅子の注文。
この部分の上に、送り寄せ蟻組みという方法で、椅子の座面を載せます。

私たちがテーブルや机と脚を固定する方法に採用しているのが、送り寄せ蟻組み。
末広がりの台形の穴に、末広がりの出っ張りを設けて組む方法が、蟻組み。
送り寄せとは、一度大きめの穴に入れ、そこからズラして、木組みを効かせる方法。
そのメリットは、蟻組みが外から見えないことで、見栄えの品質を上げられること。

そして、私の工房のオイル塗装は、表面がオープンなので、ウレタン塗装などのように
塗膜によってクローズされた状態の木材より、伸縮が大きい。

吸い付き桟という方法は、少しずつ蟻組みの幅が変わり、叩き込んで効かせる方法。
力を込めて効かせられるのですが、1ミリずれると効きが悪くなるデメリット。
そこで、私たちは、鉄工の蟻組みのように、当幅で蟻組みを製作。
そうすることで、天板の伸縮を逃がしつつ、ずれても木組みを利かせられる。

色々な部分の仕様を、全体と照らし合わせながら調整していく。

無垢の木製座面を上に載せている椅子は、座面をビスで固定している場合が多いです。
私たちは、ビス固定をサポートに用いますが、メインは木組み。
ビス固定をメインにすると、木材の伸縮や加重によって緩んだ時、直すことが難しい。
今回の椅子の製作も、ビス固定だと製作が速いのですが、品質重視で送り寄せ蟻組み。

価格は、多くの無垢の木製椅子と同じ位にして、品質を高いところに置く。
やってみる前に、難しい工法だから価格を高くするということをしたくない。
もしかしたら、品質が高く、生産性の高い方法を思いつくかもしれませんし。
簡単な方法に慣れると、難しい方法へ移行することに、気持ちが乗らないはず。

自分の最善と思われる品質で、手頃な価格にするために、挑戦、改善をし続けること。
物づくりの本質は、お客様の立場で考える、地道な努力の積み重ねだと感じます。
[PR]
by hwf05 | 2010-02-03 11:16 | ・情報と資料 | Comments(0)
6月6日 循環のシステムと常連さん
原生林探索ツアーの報告5回目、最終回です。
森林保全と共に大事なこと、それは植林した樹木を伐採して、利益を得ること。
その利益で、森を再生したり、植林したりするのです。
山奥まで植林しているので、ちゃんと商売として成立しないと慈善事業になる。

樹木が手頃な価格で、市場に流れる方法を確立し、
それによって良い循環のシステムを構築すること。
林業、製材業、住宅や家具産業、販売店、消費者、住民に行政、
みんなが知恵や労力、時間を出し合って、解決する方法を探る。

家具を作っている私に出来ることは、針葉樹を使った魅力ある商品の開発。
個人で製作販売することと、量を流通させることは別の次元です。
大量にある針葉樹を遠目に見て、新たな需要を生み出す必要性を痛感。
時代のニーズと与えられた条件にアイデア、デザインの創造。

針葉樹を伐採するだけで、土の中にある広葉樹の種が芽を出すと以前聞きました。
その話を聞いたとき、少し明るい光が見えた気がしたのです。


さり気なく家具工房を営んでいるので、近所の人も知らなかったり。
下校中の小学生が一番興味深そうに見ていて、2人の女の子が常連さんに。
帰りに工房に寄っていったり、お父さんお母さんを連れてきたり。
子供達に木製品を使って貰いたい私達には、とても嬉しいことです。

ワークショップの時に、近所の人達の集まる場所にすることも目標の一つ。
[PR]
by hwf05 | 2008-06-07 13:22 | ・情報と資料 | Comments(2)
6月5日 山林保全と雀
原生林探索ツアー報告4回目。
日本の山林保全について、森林インストラクターの方から聞いた話。
今現在の、山林保全が急を要している事と環境保護先進国の昔の日本。
山崩れが頻発して、法令として山林伐採を禁じたのは、日本が最古とか。

その際に、根付くのが早いと法令で推奨された樹が
令法(りょうぶと読み、多分この漢字)と呼ばれている。
ヤマタノオロチも、実は大規模な土砂災害を表しているとか。
昔の日本でも、森林の乱伐による災害はあった、その教訓を活かさないと。

環境保全先進国だったと胸を張って言えたら、環境に目を向ける人も増える気が。
そういう、エコロジーなシステムを作るのに、日本人は向いている気がします。
盆栽のような世界観や、江戸時代のリサイクル社会のように。

当日取材していたテレビ局、まだ先だろうと思っていたら、もう放映したと!!。
私達家族の映像や、私のつぶやきも放映されたと聞き、見たい気持ち上昇。
だれか、録画している方がいらっしゃいましたら、見せてください。


近くに落ちていたと、子供達が雀の子供を連れて来ました。
「落ちた子は助からない」と良く聞くし、育てるのも難しい。
実際、私の小さい頃の経験でも助かったことはありません。
その事を、子供に伝えて諦めろと言う事も出来ず。

雀の子供は、かなり大きく、元気なので
まず、巣を探してみると、何と見つかりました。
脚立で登って、戻してあげることに成功。
親が餌をあげているのも見掛けて、一件落着。
[PR]
by hwf05 | 2008-06-06 12:48 | ・情報と資料 | Comments(0)
6月3日 表層と収穫
原生林探索ツアー報告、3回目。
私達の探索した原生林は極相林という状態。
そこは、倒れた樹木や苔などに囲まれた静かな場所。
まるで、風の谷のナウシカに出てくる樹海のその後のよう。

テンの糞やカモシカの食べた跡やクマのテリトリーを示す爪の痕が残る場所。
彼等を見掛けることはないのに、存在を感じる空間。
人の手が入っていないことで、バランスが取れている。

少し離れた場所では、人の手で植林がされています。
そこに植えられている木は、どれも丈夫な優等生達で、同じように育つ。
伐採や間伐、下草狩りなどが行われないと、健全な森にならず、
最終的には、土砂崩れなどの崩壊の危険性。

樹木などの生える栄養豊かな土は、多くて40センチだそうです。
その表層の土は、土砂崩れなどであっという間になくなってしまう。
いま伐採に適した針葉樹が山に沢山あり、その樹木を使わないと
山が崩壊してしまう危険性。

表層の土が1センチ積もるために、100年の時が必要だそうです。
そして、元の状態に森を戻すためには、5倍の時間が必要とのこと。
真剣に山や森、そしてその先にある川や町や海について考える時と思いました。
自分の出来る範囲で行動する、私は家具でその事に関われないか。

明日は、昔の日本の環境対策について。


息子が朝早く起床。
学校に持っていくと、近くの田んぼにザリガニやオタマジャクシを探しに。
しかし、目当ての獲物は見つからず、替わりにタニシとアメンボに。
ゲームをやっているより、楽しそうな表情に見えます。
[PR]
by hwf05 | 2008-06-04 13:11 | ・情報と資料 | Comments(0)
6月2日 進化の途中と運動会
原生林で聞いた色々な話の一つ、“進化の途中の樹”について。
探索中に見ることの多かったカエデ、とても沢山種類があるそうです。
アサノハカエデ、テツカエデ、イタヤカエデ、ウリハダカエデ、
私が特に気に入った名前は、オオイタヤメイゲツ(通称十二単衣)。

色々なカエデがあり、樹木より葉っぱの違いに気が向いてしまいます。
家具の仕事で良く聞く名前は、イタヤカエデですが、他は初めて聞きました。
そして、カエデのグループは進化の途中にある樹とのこと!!。
あの猿から人間が分かれていった過程が、目の前で起きているなんて。

自分達の生きている時間が、地球の長い営みの一部分にいることを実感。
他にも、現在の地球上で進化途中の昆虫もいるのでしょう。
大きな視点から、周りを見られたら、もっと気付くこともあるはず。


雨によって日が延びた運動会が、やっと開催。
小学校1・2年生の、我が娘と息子も張り切って登校。
わたしも、2人が走る時間だけ観戦してきました。
親を捜して、横を見て走る娘と最後失速気味になった息子。

雨も本降りになる前に、全種目が完了し、子供達の行いの良さ。
2人ともとても頑張っていましたが、2人のいた紅組は負けてしまいました。
「運動会頑張った」と就寝前の娘の駄々捏ねが、毎度ながら困りもの。
[PR]
by hwf05 | 2008-06-03 12:58 | ・情報と資料 | Comments(2)
6月1日 原生林とお風呂
こころ木造建築研究所主催の原生林探索ツアーに参加。
静岡市の安倍川上流の奥深く、人の手が入っていない森を見てきました。
その柔らかな世界は、とてもみずみずしいです。
f0059103_1134564.jpg

そして、常時水が湧き出る、安部川の水源。
そのまま、コップにすくって飲んでみると、とてもさらっとした味わい。
特に味はなく、すーっと体に入って行く感じです。
f0059103_1134535.jpg

色々聞いた話は、明日に詳しく。
樹齢400年以上のブナもありました。

帰りは、探索ツアー近くの梅ヶ島温泉に寄る予定でしたが、
お風呂に入ってからの家路が大変と判断。
自宅に着いてから、近くのお風呂やさんに行くことに。
帰りの車中、子供達は熟睡、妻もウトウトなくらい、良く歩きました。
[PR]
by hwf05 | 2008-06-02 11:34 | ・情報と資料 | Comments(0)


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。
by hwf05