2月15日 スツールセット完成と「祝婚歌」
 今日はスツールセットの2回目の塗装でした。1回目と同じく、柿渋を塗り重ね、塗膜を厚くします。今はまだ薄い色ですが、日が経つと段々と濃い色になっていきます。若干臭いが有るので、数日したら納品です。そして、もう1つスツールセットを製作していました。これは布を張るタイプとペーパーコードを編むタイプを試作する予定です。幾つかのパターンを試してみるので、完成はまだ先になりますが、夜進めていきたいと思います。

 今日は夫婦で大喧嘩をしてしまいました。悪いのは一方的に私(夫)です。こんな時、子供がいてくれて良かったと思います。両親の間に入ったり、おちゃらけた事をして笑わそうとしたり、横に来てちょこんと座ったりすると、喧嘩をやめようと思えるのです。
 そんなことで、ちょっと落ち込んでいて、電話しようと思った友達から掛かってきた電話って何て嬉しいんだろう。何か通じたのかなーと不思議な気持ちです。友達に一寸相談したところ、「祝婚歌」(吉野弘作)を読むと良いとのこと。すぐインターネットを検索して、読んだ感想は、「かなり、耳に痛かった」です。少しでも、この詩のようになろうと反省した日でした。
f0059103_1385732.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-16 00:47 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月14日 倣(なら)い加工とチョコ
 今日は、春のように暖かな日で、自転車に乗っていると少し汗ばむくらい。こんな日は、家具の製作もはかどります。
 今日の作業は丸スツールの座面の倣い加工です。倣い加工とは、元になる形を先に作り(こういう製作道具をジグと呼ぶ)、その形に商品の部材を切り出していく作業で、同じ形を繰り返し製作する時に、とても効率が良い。ルーターという機械(刃が縦軸に回転する)を用いて、この作業を行いますが、技術専門校で習っていた時は、一番怖かった。木工機械はどれも刃物を扱っているので危険ですが、このルーターはとにかく音が大きい。上から刃物が降りてきてちょっと産業ロボット風、木屑は多く、材料を抑えるのに力がいります。
 私達の工房ではルーターテーブルという少し小型のタイプなのでかなり音は小さく、恐怖感は軽減されていますが、ビット(ルーターの先に付ける小さい刃物)は刃が欠けやすく、木材の端も欠けやすいので、いずれにせよ丁寧に神経を使う作業になります。
 このルーターテーブルはとても便利な機械で、本を読むとアメリカではかなり手作り家具に利用されていて、ビットの種類も豊富です。大量部材を、短時間に、精度良く製作するには不向きで、工場向けより工房向けでして、当然ながら私達の工房では大活躍です。

 今日はバレンタインデーでした。子供の頃ほど意識しなくなりましたが、チョコを貰えると嬉しい物ですね。そのまま子供のおやつになってしまいますけど。結婚の年月を経ると、妻からのチョコが様変わりしているのは気のせいでしょうか。
f0059103_12221.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-15 05:48 | ■製作の道のり | Comments(0)
2月13日 塗料の色々
 今日は、入れ子のスツールの塗装です。私達の工房の塗装方法は、無塗装、オイルフィニッシュ、柿渋塗装を行います。オイルフィニッシュは無職透明ならば桐油、色付きはオスモ(天然系で有名)で仕上げ、柿渋塗装には柿渋という古来から日本にある渋柿を発酵した塗料を塗ります。
 お客様のご要望を第一に塗装した上で、特に私達がお奨めしたい塗装は柿渋塗装です。柿渋塗装は最近、住宅でも積極的に使われていますが、昔の日本人には親しまれていた素材で、竹籠に和紙を張る一閑張りの塗料や染め物の下地塗り、漆塗りの下地塗りなど、身の回りの物にも使われています。
 その特長は、「①天然材料を元に製造しているので体に無害、ホルムアルデヒドなど吸収する働きもあると言われている。②防水、防虫、防腐効果③時と共に深まる色合い」などあります。渋柿の発酵製品なので、昔の物は臭いがきつかったのですが(想像しただけでも臭いそう)、現在は臭いの少ない物も開発されて、その製品を使用しています。(虫さされに塗ったり、二日酔いに飲んでも良いらしいです。)
 塗装は、オイルフィニッシュは塗料を薄く延ばしやすいので、塗装が比較的容易なのですが、柿渋は薄く延びないのでムラが出やすく難しい部分もあります。それでも、子供達の健康を考えた場合、より自然な素材を用いることが、大切ではないでしょうか。オスモも塗料の中では天然系と言われ、体に無害をキャッチコピーにしている良い商品です。無塗装で、手垢によって風合いが増したのも素敵ですし。 

 塗装は人それぞれに好みがあり、商品の雰囲気もガラリと変わってしまうので、難しい部分があり、選択の幅はとても広いです。使う人が愛着をもてる色になれば良いなーと思います。
f0059103_1202474.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-14 06:54 | ・材料と道具 | Comments(0)
2月12日 木の目を読む
 木材は、生きている樹木を元に削り出すので、樹木の特長をその中に持ちます。樹木は曲がっていたり、枝が生えていたり、均質ではありません。それが木の個性として、木目に現れます。木目は途中で逆に向きを変えたり(逆目という)するので、作り手は木目に合わせ加工しないと、綺麗に仕上がらず、材料が使い物にならない場合もあります。
 これは、手で鉋を掛けるときだけでなく、機械加工の時も注意が必要であり、今日は丸スツールの脚と貫の丸棒を作っていたのですが、材料を無駄にしないために、慎重に作業を進めました。樺(かば)という木材を使っていて、木目が綺麗で、木も詰まっていて重厚感がありますが、逆目が多く木も堅いので、加工中に細かい調整が必要です。
 使い物にならない材も幾つか出ましたが、どうにか加工は済みました。丸スツールを作る中で、単純だけども最も材の無駄が発生しやすい工程を通過したので一安心です。

 今日は、夕御飯の後に、髪の毛を妻に切って貰いました。子供と私の散髪は妻の担当なのです。久し振りに切ったので、スッキリしましたが朝は寒いだろうなと緊張しています。子供に格好良くなったなんて、御世辞を言われて、一寸嬉しい気分です。
 子供達は来週末の雪見遠足(静岡に来るまでこんな遠足が有るなんて知らなかった)にむけて、スキーウェアを着て張り切っていて、私のヘルメットを被って宇宙飛行士なんて言っています。
f0059103_11843.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-13 06:54 | ■製作の道のり | Comments(3)
2月11日 やっぱり木は気持ちよい
 私(夫)は、普段週3日ぐらいは、設計の仕事をしています。前勤めていた会社の関連でFRP製品の設計を頼まれ、コンピューターと睨めっこなのです。学生時代、最初の就職先も設計関連だったので、昔取った…ですが、ものづくりを知らずに設計していてもいかんと思い、今に至っているのです。
 当然、現在のニーズから言えば、CADの方が分は良いのですが、現場を知ったことは自分にとって、とてもプラスになっています。曾孫請けを越えて、夜叉孫請けなんて言葉も知りましたし。絵を描いているだけでは、物は出来ないわけで、それを現物にしてくれる人達がいること。ペンキで仕事着を汚した若者達に優しい眼を向けられるのも、自分が同じような大変な作業をしたからだと思います。

 設計で工房を離れる分、家具や玩具を作っていると本当に楽しいなと感じます。今日も椅子の脚の材料を触っているだけで、「やっぱり木って気持ちいいなー、独立して家具・玩具工房始めて良かった。」なんて、ふと込み上げてきたりします。
 感傷的すぎて、仕事に対して甘すぎるかも知れませんが、この気持ちよさを少しでも多くの子供達に伝えたいと思うのです。その為に、子供を育てている親の方にとっても購入しやすい価格にしています。多くの方の手元に私達の家具や玩具が置いて貰えたらと思いながら、仕事に向かっています。
[PR]
# by hwf05 | 2006-02-11 23:42 | ■工房の様子 | Comments(0)
2月10日 気に入って貰えた!!
 新作の入れ子のスツールをお客様に見て貰ったところ、とても気に入って下さり、3個セットで納入することになりました。塗装して後日納めることになりました。私達の好みとお客様の好みは当然ながら違うので、いつもどきどきします。工場を一緒に借りている大工の方も入れ子スツールのLをサイズ変更で注文してくれると言うことで、喜び倍増、もう少し売り込んでみようかな。

 今日は、朝子供達と裏の川辺を散歩しました。朝早く起こす動機付けと、気持ちの良い空気を吸うために。空気が冷え込んでいたために、下の娘は「手がチンチンする。」と言って、抱っこになってしまいましたが、恐竜の子孫である鳥(息子をやる気にさせるため)を見て、とても楽しかったです。来週末の雪見遠足はもっと寒いのだろうか。親も楽しみです。

 今日、又救急車を呼ぶことが有りました。通りががった所で事故があり、新聞配達の若者が倒れていました。車の運転手は場所の説明が分からないと言うことで、救急車と新聞店に連絡しました。若者は意識はあったので、少し安心しましたが、意識不明や心臓停止していた時の為に、対処方法の講習を受けようかと思いました。
[PR]
# by hwf05 | 2006-02-11 06:05 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月9日 紙おむつ卒業(下の娘のみ)
 毎日、日記を付けるというのは小学生以来です。当時はとても面倒に思い、「今日もよく遊びました。」とか1日1行で済ませていました。大学生になると、旅行の時には、お金の管理と共に文章を付けていて、今読み返してもとても面白いです。
 今日のタイトルの話は、私達の子供2人、5才の息子ともうすぐ4才の娘の就寝時に付ける紙おむつのことです。自然の流れに任せていたら、いつの間にか特大のおむつを使うようになっていて、2人合わせたら1日100円、1月3000円になるではありませんか。こりゃいかんと思い、パンツの上に紙おむつを付けて、紙おむつが濡れなかったらカレンダーに1つ○、30個貯まったら玩具を1つ買って上げるという約束で始めました。最初は他の事で○を付けてあげて、気分が乗ってきてから本格的なスタートになりましたが、息子はおむつ以外のことで○を時々重ね、娘は順調に紙おむつ卒業となりました。良いか悪いか、息子はそのことを余り気にしていないので、いつ卒業になるのでしょう。来年は年長さんだぞ。
 入れ子のスツールはお客さんに見てもらってから、塗装に入ります。今までになく、シンプルで品質の高い商品ができたので、反応が楽しみです。妻にことりにも見せに行って貰おうっと。
[PR]
# by hwf05 | 2006-02-10 05:57 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月8日 布団の中から
 2日間、妻の則子にブログを書いてもらっていました。そして、布団にこもりきりと言うことは、仕事も妻に任せきり。新作の入れ子のスツールも組み終わり、とても助かっております。品質もデザインも良くできていると思いますが、写真は後日紹介します。微力ながら仕事の足しにならないかと、布団の中で積み木のデザインを考え、試作のアイデアがまとまりました。これで、2日の休養は取り返せただろうか。今日もすぐ寝ようと思います。
 体調が万全でないと、子供の相手は大変です。子供って本当に元気なんだと笑い声からも感じます。
[PR]
# by hwf05 | 2006-02-08 19:25 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月7日 ピンチ筆ッター2
 あはようございます。
またまた8日の朝に書いています。
 今日も私則子がブログ担当と言うことで、写真を撮ろうと工房へデジカメを持っていきました。
よし、今日はこの記事にしようとシャッターを押した瞬間「ピピピピ」の警告音と共に無情にも「!NO CARD」の文字が!!メモリーカードをパソコンに差したまま忘れてた、ショック!!

       デジカメも カードなけりゃ ただの亀?
f0059103_6253468.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-08 06:25 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月6日 ピンチ筆ッター
おはようございます
 今はもう7日の朝6時なのですが、お日様が出てくるまでは夜と言うことにして、まだ6日のふりしてで書いています。日記は毎日書かなくちゃ。
 いつもこの日記を書いている聡父ちゃんが風邪気味で調子が悪く、「ブログの事は頼む・・・」と言い残したままバッタリと倒れて。。。じゃなくて布団に入ってしまったので、急きょ私、則子かあちゃんが今日のブログ担当!!となった訳です。
 聡父ちゃんはいつもは呆れるぐらいにタフなのですが、その分しんどくなるときも急激に来るみたいで、「なんとなく風邪っぽいなあ」から始まるのではなくて、「調子が悪い」と言い出すと、見る見るうちに顔色が悪くなって重病人になってしまいます。洗面器を用意して吐いた時の準備。私は滅多に吐いたりしないので、今までの人生数えるほど(めちゃめちゃ酔っぱらっても吐きはしない!!自慢?)
吐くとなるとすごい重病のような気がするのですが、聡父ちゃんは調子が悪くなると、結構吐いてしまいます。見ていてしんどそう。
 病気と言えば子供には付きもので、やはり小児科、耳鼻科にはしょっちゅうお世話になります。私達が住んでいる藤枝市は通院1回500円、月に4回以上行くと無料と言う乳幼児の医療補助があってとても助かっていますが、乳幼児は全く初めから無料と言う市町村もあるみたいですね。もうちょっと頑張って藤枝。
 とうちゃん、子供が寝込んでも何とかなるけど、かあちゃんが寝込んでしまっては家が回っていかないので、お母ちゃんは寝込むに寝込めないのだ!!ほんと、結婚して子供ができ出来て、この事を実感。
  
  この子らが いては病も 逃げていく   
                     
f0059103_6122060.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-07 06:16 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月5日 恐竜と寄木細工
 今日は、子供と大人がお互いに見たいと思っていた所を2カ所訪れました。まずは自然史博物館で、恐竜の化石の見学。勿論、子供のリクエストです。子供にとって恐竜は、怪獣と勘違いして始まる過去への興味の登竜門みたいな物じゃないでしょうか。(男の子に限るかな。)当然ながら、出発までの聞き分けの良いことと言ったら、子供らしさ全開です。保育園から本を借りたりしているので、子供ながら恐竜情報は侮れず、興奮状態のまま、博物館に入場。口をあんぐり、アパトサウルスの余りの迫力に、下の子は固まって部屋に入るのを拒んだほど。展示にも工夫がしてあり、シンプルで少しさびれた雰囲気がゆっくりした時間を醸し出していて、のんびり見れました。私は、今考えている積み木の参考にならないかなーと思って見ていましたが、直接のヒントは得られず、残念。
 次ぎに向かったのは、駿府の昔の寄木細工を集めた展覧会。当然、大人のリクエストでしたが、思ったより子供も喜んでいました。戦争で産業が消滅してしまうまで、こんなに高度で面白い物を作っていたんだな、静岡で仕事をして良かった、頑張るぞーと興奮した気持ちを冷ましに、思わずアイスクリームを買いに走ってしまいました。

 息子は興奮して、なかなか寝付けなかったことは言うまでもありません。
f0059103_142973.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-06 01:43 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月4日 朝、人の役に立つ
 私は走って1分の工房まで自転車で20分掛けて、(最近運動不足なので)通っています。朝途中で通りの向こうにお年を召された女性が佇み、横に自転車が倒れていました。女性の所に駆け寄って、救急車を呼び、家族の方に電話をしました。引き返して良かったなーと思いつつ、今日の仕事が始まりです。(女性は骨折でした)
 今日は寒い中、薪ストーブに木をくべつつ、仕事をこなしました。(静岡で寒いと言っていたら他の工房の方に怒られるかも)。一昨日、急な話で木工の機械屋さんが倉庫を整理するから置かしてくれ(代金後払い、建前かな?)と言って持ってきた昇降盤がいきなり大活躍です。油を差したらこの年期物が質実剛健で、2台で使うと便利な事この上なく、何て運が良いのだろうと感謝。機械の性能を自分の実力と勘違いしてしまいそうです。
 今作っているスツールセットは木以外の素材も用いる予定で、今までの商品を分析し、私達の工房になかった部分に挑戦しています。作りながら確認している点もあり、完成してお披露目をするのが待ち遠しいです。

 内輪の話で恐縮ですが、仕事から帰ってきて、子供と接していると、今日は駄々をこねたり、甘えたり、言うことを余り聞きませんでした。何か悲しいことがあったのかなーと思い、だっこしてみると微熱がありました。子供は全てを言いませんから、いつもと違うと思ったら、様子を気に掛けてあげなければいけないと思いました。
いつになく、静かに色々と考える日でした。
[PR]
# by hwf05 | 2006-02-05 01:40 | ■工房の様子 | Comments(0)
2月3日 節分の工房の様子
 私達は、住居から歩いて3分、走って1分の小柳津(おやいづ)工務店さんの一角に場所を借りて、製作を行っています。小柳津さんは仕事を辞めていて、私達ともう1人は大工さんが工場を借りていますが、それでも十分すぎるくらい広いのです。機械も余裕を持って置かして頂き、置いてあった機械は使わして貰えるし、文句なし(見た目は少し古いかも)です。調子に乗って薪ストーブまで置いてしまいました。今年の冬は寒いし、灯油は高いし、燃やす木はありますし。
 専門的な話になりますが、購入した機械として、手押し鉋、自動鉋、昇降盤2台、ボール盤2台、ベルトサンダー、ルーターテーブルです。借りている機械は、帯鋸、超仕上げ鉋、角ノミなど、個人の家具工房の一般的な設備です。静岡県は木工の産地(以前よりかなり縮小しているらしいです)なので機械や木材の選択の幅があり、時々掘り出し物を探しています。まだまだ欲しい機械もありますが、仕事の売上に合わせて少しずつ揃えていきたいと思います。

 そういえば、今日は節分でした。我が家でも最近巷で人気の出てきた恵方巻きを無言で食べてから、豆まきをしました。子供達は保育園で作った鬼のお面を付けて2匹の小鬼の登場で、紙で作ったボールを投げ合っていました。子供を持つ身になって、鬼の存在は欠かせないとつくづく感じています。言うことを聞かないときに「鬼さんがくるよ」と言ったときの効果はてきめん。テレビでなまはげを見たときの固まった様子を見る限り、相当怖がっています。あんまり脅かさないようにしよう。
「鬼は外、福は内」
f0059103_2338210.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-03 23:38 | ■工房の様子 | Comments(2)
2月2日 スツール製作中
 今、入れ子のスツールセットと丸いスツールを製作中です。写真の丸スツールは、藤枝駅の近くのセレクトショップ「ことり」からの注文です。このお店に私達が製作している赤ちゃん用の歯固めを置いてもらっていて、以前納入したときに、スツールの依頼を受けました。昔、よく見掛けたこの丸スツールを店長の清水さんが家で使っていて、その復刻と言うことで、借り受けてきました。とても使い勝手が良く私達も気に入ってしまい、見積もりの段階で、試作を兼ねて自分達用に製作してしまいました。3脚の注文を先週末に納入したところ、お客様の反応も良く、5脚の追加注文。「やったー」と小躍りした事は言うまでもありません。
 子供達もとても気に入っていて、上に乗って高いところの物を取ったり、脚をブラブラさせて遊んでいます。コンパクトで、物を置く台になったり、補助のイスとしても重宝しています。
f0059103_3174324.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-03 03:20 | ■工房の様子 | Comments(0)
2月1日 プロフィールと本日開設とおたふく兄妹
 初めまして。興奮と緊張の中、今日からブログを始めました久留と申します。
静岡県藤枝市で平成17年10月1日から家具・玩具の工房を夫婦で始めました。
写真に写っているのが、私達の子供です。
「2人に良い家具と玩具を使ってもらいたい」という思いから、家具と玩具を作り始めました。

【プロフィール】
 久留 聡(埼玉県出身)
 +法政大学建築学科修士課程修了
 +松本技術専門校木工科卒
 +FRP船の船大工修行後独立
 +家具・玩具工房 HAND WORKS FACTORY設立

 久留 則子(大阪府出身)
 +京都女子大学短期大学部被服科卒
 +松本技術専門校木工科卒
 +2児の出産後、製作活動を経て 共同で起業

 このブログのもう一組の主人公、我が家の子供たちを紹介します。
2人は今、おたふく風邪になって保育園を休んでいますが、元気いっぱいです。
これから、商品や、工房の様子、家族の様子などを少しずつ紹介したいと思います。
手前に見える果物の黄色い大きな物はボンタン、オレンジ色の小さい物は金柑で、鹿児島の親戚から頂きました。
f0059103_248538.gif

[PR]
# by hwf05 | 2006-02-02 02:50 | ■工房とプロフィール | Comments(3)


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。
by hwf05