4月26日 無事修了と漆
素晴らしい天気の中、コトコト市は、無事修了しました。
多くのお客様と素晴らしい場所とスタッフの方と出展の方たちに巡り合え、充実した時間。
回を重ねるごとに、どんどん素晴らしい場になり、私自身楽しさが倍増しています。
f0059103_0252485.jpg

ワークショップにも多くの方に参加していただき、
急遽前日に思いついたオリジナルキーホルダー作りも大盛況。
(その収益は義援金とさせていただきました。ありがとうございました。)
色々と相乗効果もあり、その場で物作りの楽しさ、創造性が広がりました。
f0059103_0253872.jpg

人気の焼印と刻印は子供達が並んでしまいましたが、みんな待っていてくれました。
自分の番では、思いっきり納得いくまで作ってもらい、満足の様子。
準備した甲斐があったと、嬉しかったです。
f0059103_0255587.jpg

期待大の商品が売れなかったり、期待小の商品が沢山売れたり。
同じ商品でも、沢山売れる時や売れない時。
お客様から、新商品のリクエストや意見を伺ったり。
そうして出来た商品も幾つかあり、商品開発にとって、とても大事な場になっています。

そして、多くの人達に出会えることで、大切なことも学ばせて貰いました。
商売は、商品・製品を通して、最後は人と人のつながりなのだと改めて思いました。
秋のコトコト市に向けて、頑張ろう!!!。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

最近、漆で色々と遊んでいます。
今回のコトコト市でも、漆塗りの商品も幾つか販売しました。
漆はかぶれ易いのですが、硬化してしまうと、かなり高性能で、安全性が高い。
知るほどに、漆の素晴らしさを感じてしまいます。

漆を塗っている部屋に入るだけで、苦手な人はかぶれてしまうとか、
漆を一滴飲むと体に良いとか、漆塗りの家系はかぶれ難いとか。
充満している漆の成分に慣れるとかぶれにくくなる可能性と共に、
鉄瓶に似て、漆器を多く使うと、漆の成分が体に取り込まれているかもしれない。

漆の器などをどんどん作って、使ってみて、その効果を確かめたいと思います。
取りあえず、子供達の皮膚の反応を、参考にしてみます。

【現在の状況】
漆の匂いは苦手な様子。
皮膚のかぶれは無し。
漆の器を使いたがる娘と、あまり興味の無い息子。
[PR]
by hwf05 | 2011-04-26 13:40 | Comments(0)
<< 4月28日 ウロコと逆効果 キーホルダー >>


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05