10月4日 色々な椅子
f0059103_1330664.jpg
左がオリジナルのショートアームチェア、中央がニッシンのチェア、
右がウェグナーのYチェア。
お客様から依頼された円卓の雰囲気を椅子に合わせるため、
中央の椅子を先に送っていただきました。

そして、ニッシンの椅子が、手頃な価格で、座り心地、フォルムが良い。
色々な部材で、生産性とコストダウンの工夫が見られ、貫が無いのも特徴。
パーツに関して、とても考えられていると感じます。

Yチェアは、アームが大きく、ダイニングには使い難い一面もありますが、
削りだし、曲げ木、整形合板など、技術の組み合わせとフォルムの美しさ。
世界で最も売れている椅子というだけあります。

私達の工房のオリジナルの椅子は、他の2脚より剛性感が高く、
座り心地も良く、品質を優先しているので、とても嬉しい。
フォルムや構成はオーソドックスですが、シャープなデザイン。
椅子は、家具の中では消耗品に捉えられがちですが、
長く使って貰うことを前提に、製作しています。

[PR]
by hwf05 | 2017-10-04 13:47 | ■工房の様子 | Comments(0)
<< ・菰田建築設計事務所 一級建築... 10月3日 オーダーメイドと品質 >>


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05