11月15日 戦略と変化とカンブリア紀
家具のグループに入り、情報交換や色々と刺激を受けています。
静岡は、江戸時代から指物の産地。
家具の作り手やメーカーも多くあります。

得意分野や仕事の方法など、各自で様々。
どれが正解と言うのも無く、とても参考になります。
戦略と意識すると、考え方の差がとても明確に。

私の目指している目標は、少しずつ進むしかなく、とても時間が掛かる。
目標に辿り着くまで、なかなか成果が見え難いですが、とても自分らしい。
世の中の状況や他の作り手の動きも参考にしながら、微調整していく。

「生き残るのは強い者でもなく、賢い者でもなく、変化できた者」
そんな言葉をテレビで見ました。
それは、何事にも通じると思います。

そういえば、「チバニアン」という年代が決定されそうとの事。
考古学が好きなので、とても嬉しい。
「カンブリア紀の大爆発」の話は、よく子供達にしています。
そのような生存の実験も、デザインに通じる。

AIの先生が、「カンブリア紀の大爆発」が目の発達によるかも知れない
と語り、AIが視覚情報の高度な処理と解析を手に入れ、進化が顕著とか。
その様な話を想像するだけでも楽しい。

脚や眼が奇数だった生き物がいたり、視覚より嗅覚が先にあったり
イカの目の高度な性能など。
複雑系の話もとても好き。
「ジェラシックパーク」は断然に小説が面白いです。

[PR]
by hwf05 | 2017-11-15 13:51 | ■工房の様子 | Comments(0)
<< 11月17日 思考と答え 11月14日 ロングライフ >>


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05