11月29日 曲げ木の様子と嘘つき
f0059103_1221542.jpg

f0059103_1221535.jpg

 曲げ木の製作風景です。
 上の写真は、型にはめて曲げ木を固定しています。
曲がりの緩い型が、正規の曲率。
曲がりのきつい型は、曲げの戻りを考慮した事と、曲げの限度の確認のため。

 下の写真は、木を蒸気で蒸している様子。
湯を張ったかまどの上に網を敷き、
その上に木を入れた鍋を被せて、蒸気を当てています。

 蒸気で蒸した方が、お湯で茹でるより高温になることと、
水分を含む量が少なくて済むので、曲げ木に向いていました。
曲げるのも、蒸気で蒸した方が楽な気もします。
乾燥後、型から外すのが楽しみです。


「嘘つき!!」
 階段の下から、強い口調で、目には悲しみと怒った眼差しを浮かべ、
娘が私に言いました。
 風呂上がりに、娘の髪をドライヤーで乾かしてあげる約束を妻に任せ、
布団を敷きに行ってしまったのです。

 本気な様子を見て、嘘つきは良くないと、すぐに髪を乾かしました。
娘はよほど嬉しかったのか、自分から肩たたきをしてくれて、
チューを頬とおでこにしてくれるという大サービス。

 言い訳をせずに、すぐ約束を守りに行って良かったです。
子供にとって、どんな小さな約束もとても大事だと痛感します。
[PR]
by hwf05 | 2006-11-30 12:02 | ■製作の道のり | Comments(0)
<< 11月30日 タガヤサンの座卓... 11月28日 曲げ木と拭き掃除 >>


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05