<   2008年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧
2月28日 見学と絵
f0059103_12351467.jpg
小学校から早く帰宅した息子。
公園で遊んで、工房に立ち寄り見学。
木工機械はとても危険なので、子供の前で使うのはためらいますが、妻も保育園のお迎えで家には居らず、工房での待機。

息子は機械には近付かず、離れた場所から見ていました。
紙と鉛筆を渡すと、仕事の風景を描き出しました。
機械の前で作業している私と、機械からゴミを集める集塵機。

集塵機はファンを回しているので、袋が膨らみます。
その様子を見て、息子は集塵機から機械の素が出て、機械を動かしていると解釈。
エアーコンプレッサーとエアー工具の様に考えたようですが、
「きかいのもと」と言う言葉がナイスです。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-29 12:35 | ■家族の様子 | Comments(0)
楢のベンチテーブル
f0059103_7332510.gif

【楢のベンチテーブル】 コンパクトな背もたれのないベンチテーブル
 ロング W1000×D260×H400
 ミドル W 800×D260×H400
 材料:楢
 塗装:オイル仕上げ

More
[PR]
by hwf05 | 2008-02-29 04:27 | ・家具 | Comments(0)
2月27日 新商品とお別れ遠足
最近、「・家具と玩具」のコーナーで新商品の紹介が無い…。
毎日の様子で、新商品やオーダーメイドの様子はお伝えしてはいますが。
新商品や、モデルチェンジした商品もあるので、少しずつ紹介しないと。
文章が溢れるようになると、もっと簡単に載せられるのですが。


娘は、保育園のお別れ遠足。
いつもすんなり起きない娘も、流石に行事の日は違います。
イチゴ狩りに、恐竜博物館、水族館と盛り沢山で、一日では勿体ない位。
娘が最も好きな果物のイチゴなのに、5個しか食べなかったとは、以外。
家と外とは違うと思いつつも、30個食べた強者もいたようです。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-28 12:55 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月26日 小皿とストック
f0059103_12244380.jpg

現在試作中の小プレート。
裏側のデザインや深さ、大きさなどを検討しています。
実際に使ったらどうなのかと、食べ物を入れてみました。
次に、洗剤で洗ったり、水を貯めてみたり。
問題無さそうなので、残る課題はデザインです。

松本クラフトフェアの選考結果が送られてきました。
結果は残念なことに、落選。
倍率もかなり高かったようですが、本当に悔しい。
まだ何かが足りなかったり、クラフトフェアの雰囲気と違ったのか。
今年の松本クラフトフェアの様子を見に行こうと思います。


息子は、朝夕リフティング練習をするとDSで遊ぶ時間が各15分。
練習しても遊べない時があり、時間を貯めておくストック宣言。
なかなかに知恵が付いてきたと感じます。
早めにすることや、貯めておくことは良いことだと思うので、了承しました。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-27 12:24 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月24日 順番と上達
木組みの家具の場合、角のみという機械を多く使います。
その場合、多少の誤差により、段差が僅かに生じます。
その目違いを鉋で削って平らにし、次の工程に進む。
組立の順番を踏まえて、加工の工程も考えます。

最初から全部加工してしまうと、微調整ができなくなる場合あり。
新しい商品や製作方法を検討するとき、ふと立ち止まって
頭の中で、工程を先取りしてみます。
すると、調整部分も見えてきます。


久し振りに、息子のサッカー教室を見に行きました。
ワンバウンドリフティングは、家でほぼ毎日練習している成果で
かなり上達しています。
ゲームでも、一生懸命走り回り、色々考え動いていました。

他の子供達も、どんどん上達していて、子供の成長は嬉しいものです。
私も時々練習に参加しますが、上達の道は険しいです。

午後に電話を頂いたお客様。
偶然、セレクトショップ「ことり」に伺うと、浜松からお越しのお客様だと
伺いました。

遠くから来訪の折りに、工房をお見せできず申し訳ありませんでした。
平日・土曜・祝日も殆ど工房で作業しています。
また、日曜も用事で不在でなければ工房をお見せできますので、是非お寄り下さい。
お待ちしております。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-25 03:54 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月23日 感性と春一番
お客様や取引先の人との家具の話。
人それぞれに感性は違い、好みも別れます。
同じだったり、違ったりする意見を聞く度に、
自分の感性をより広げ、より磨いてく必要性を感じます。

視点を変えるだけで、同じ物が違うように捉えることが出来る。
自分の型を壊して、作っていくことで、少しずつ前進するのでしょう。


工房の外は、春一番が吹き荒れていました。
枯れ葉やゴミが飛び交って、凄い音もします。
当然、数多くの花粉も。
花粉症が始まったと聞き、自分の中のスイッチも入ってしまいました。
くしゃみや眼のかゆみが出始めています。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-24 13:31 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月22日 墨付けとケーキ
社運(一度言ってみたかった)を掛けた商品の改良。
大袈裟な言い方ですが、何度も何度も改良しているネストスツール。
有名なショップとの取引では、シビアな要求があります。

図面上で考えるのではなく、製材を終えた部材を前に、寸法決めて墨付け。
最大の強度を確保しつつ、生産性のある製作方法も考慮する。
結果は、工業試験場の強度試験で確認する。
何度もトライアンドエラー。
f0059103_12504132.jpg

妻と子供達で作った、娘の誕生日ケーキ。
今までの中で、一番の出来でした。
誕生パーティーが始まる時は、ブドウジュースが無いとか泣き顔の娘。
最後は嬉しそうに笑っていました。

娘が切り分けたケーキはとても大きく、みんな満腹ですぐ寝ることに。
食べることメインの、娘らしい誕生日でした。
誕生日プレゼントは、ローラースケート。
最初に使いたがる息子は、誰の誕生日か分かっているのでしょうか。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-23 12:50 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月21日 残念と『2』
ドイツの玩具メーカージーナ社に送ったサンプル。
メールで確認をとったところ、商品化にはならず、残念。
社交辞令も含めて、褒めてくれましたが、量産は難しいとのこと。
それだけに、商品化したらば面白いと思ったのですが。

返送されてきたら、次はあの会社に送ってみよう!!。
意見を伺うだけでも、結構勉強になります。

私達の掲載された『ここらぼ通信』(2/20のブログに詳しく)を欲しい方は、
メールを下されば、こちらからお送りしますので、リクエスト待っています。
こころ木造建築研究所が設計された住宅「木箱の家」は、シンプルでいながら
木に包まれとても気持ち良さそう、必見です。


f0059103_12515660.jpg

娘の誕生日前日。
妻は、誕生日ケーキの為に夜スポンジを焼いていました。
すると卵の中から、双子の黄身が!思わず写真!。

娘は2番目の子供で、2002年2月22日20時に生まれた『2』の人。
それを裏付ける卵の出来事。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-22 12:51 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月20日 掲載とモデル
f0059103_1248924.jpg

とうとう私達の工房が掲載された冊子『ここらぼ通信』の発行!!。
発行されているこころ木造建築研究所の担当Fさんが届けてくれました。
Fさんありがとうございます。
まず思ったことは、やっぱり、プロの仕事は違います。

写真の撮り方や文章の入れ方、全体のレイアウトや背景などなど、
私達ではとうてい作ることのできないレベル。
編集長まめこさん(Fさん)の文章も温かみがあり、スッと入ってきます。
商品の魅力がとても出ていて、嬉しくなって、頬が緩みっぱなし。

多くいただいたので、冊子を欲しい方は、
氏名と住所を記入の上、私達までメールを下さい、待ってまーす。


モデルとして活躍した娘と最後に少し参加の息子。
気にしていないようで、息子は結構気にしていて。
最後に自分の写真があって、ホッとした様子で、私達の方が、もっとホッとします。
遊んでいたからしょうがないと強がる息子と満足げな娘。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-21 12:48 | ■家族の様子 | Comments(0)
2月19日 確認と宿題
仕事もその時々で、進めたい仕事が違ったりします。
製作モード、設計モード、事務、会計などがあり、今は、確認・連絡モード。
仕事の連絡を、どんどん進めています。

今、運勢が付いている雰囲気。
積極的に外に打って出てみようと、試作を送っていた海外メーカーにメール。
どんな返信が来るか楽しみです。
それと、月末にも大事な連絡が来る予定です。
ワクワクの2月末。


小学校1年生の息子には、学校からの宿題が。
貯めてしまったからなのか、かなりの量の時も。
そんな時に限って、宿題以外の勉強をしたりして、宿題後回し。
子供の気分は、気まぐれです。
[PR]
by hwf05 | 2008-02-20 12:49 | ■家族の様子 | Comments(4)


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05
HAND WORKS FACTORY
works
shop & workshop
renova
life
*blog
about us

第38回、第44回静岡伝統産業工芸展『県知事賞』受賞

静岡県藤枝市鬼島700-1
℡ 080-5135-0650
E-mail:hwf05@w7.dion.ne.jp

Copyright(C)since 2005 H.W.F all rights reserved
カテゴリ
□お知らせ
■工房とプロフィール
■ご紹介
■工房の様子
・家具
・雑貨と玩具
・修理
・お取扱い
■製作の道のり
・材料と道具
・情報と資料
・掲載
■家族の様子
・子供の創作
・お気に入り
・心に残った言葉
■リスペクト
■東海地震への備え
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
タグ
画像一覧
検索
記事ランキング