<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
f0059103_211395.jpg

美しい模様。
小さい頃も昆虫を捕まえたりしていましたが、蛾や毛虫は悪者扱い。
大人になって、多くの生き物を、そのまま見られるようになって、
その造形や色合いの美しさに、時に驚いています。

自分に子供ができたことが、生命を視る目を優しくしてくれたのだと思います。
蜘蛛が巣を張る規則正しい動作と巣の繊細さや、蜂の往復の大変さなど。
生命の儚さと力強さを感じつつ。
カマドウマは、今でも大声を上げたいくらい苦手ですが。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-30 21:13 | Comments(0)
8月29日 箱物と駆け込み
私が、勉強机用のワゴンを6台、妻が小抽斗を4台。
小さな箱物が多数作られています。
それぞれの抽斗の数を考えると、かなりの量。
小物で工房が埋め尽くされそうな予感。

小さく、荷重の掛かる箱物は、材料の寸法的な制限が大きいので、
作り手に技術と知識が要求されます。
小さな箱物をどのような方法で作るか、
作り手の姿勢が最も表れると言えるかも。

今回のワゴンは、今までの知識と経験を総動員しつつ、
新しい技術や構成部材も取り入れて、かなり試行錯誤。
(見た目はシンプルで一般的なので、お客様はご安心を)
自分の型の一つになりそうな気がします。

このワゴンと同時に机と花台を作りつつ、ワゴンが終わったら、
長らくお待たせしている椅子の製作に移ります。
椅子のお客様のO様、S様、M様、H様、もうしばらくお待ち下さい!。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

夏休みが終わり、学校が始まる直前の週末。
私はサッカーの審判や消防団で、家を出たり入ったりしていましたが、
子供達は、夏休みの工作で、工房を出たり入ったり。

駆け込みで宿題をやるのは、昔も今も同じようです。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-30 13:30 | ■家族の様子 | Comments(0)
8月26日 基本と麺類
基本の技術、型とは何なのか、よく考えています。

以前シーカヤックをやっていて、パドルを漕ぐ技術があり
パドルを左右の板を平行にした(アンフェザー)漕ぎ方と、
風が強い時向いているパドルの左右の面をずらした(フェザーリング)
漕ぎ方がありました。

シーカヤックで生活している人(下記の本の著者)から、単純に見えるアンフェザーから
フェザーリングに慣れるのには時間が掛からないが、フェザーリングからアンフェザーに
慣れるのには、とても時間が掛かる。
だから、アンフェザーで漕ぐ技術こそ、基本ではないかと伺いました。

詳しくは、
「海を歩くためのマニュアル シーカヤッカーズハンドブック」
内田正洋 著 マリン企画(まだ売っているのかな?)
名著です。心が騒ぎます。静けさの中、海の上を漕ぐカヤックの航跡…。

家具においても、基本の技術、型とは何なのか。
それは、色々な変化や要望に最も対応できるものに違いない。
昔の技術、最新の技術、世界の技術も取り入れて、少しずつ進歩する型。
イチロー選手のイメージが重なります。

私の好きな、星野道夫さん、池澤夏樹さんも、シーカヤックをやっていて
なおさら嬉しかったです。
私が船を作る会社に入っていたのも、シーカヤックの影響。
海の上のちっぽけな存在が、海と繋がっている一体感、そんな感じです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「えー、昼ごはん蕎麦ー、嫌だー。」と息子。
「そばー(そりゃー)困ったなー。」と私。
冷たい空気が流れて、夏には良いと思ったのですが
「暑い。」と息子の一言。

受けない笑いは、夏は場を暑くするようです。

今年の我が家は、未だかつて無いくらいの麺類消費量。
日本全体も同じようで、相槌を打つまでも無い。
これぞ夏!、これぞ残暑!
[PR]
by hwf05 | 2010-08-27 13:27 | ■家族の様子 | Comments(0)
8月25日 型と工作
家具の作り方にも色々あります。
無垢の木材を用い、木組みで作る方法。
合板を用い、ダボや金具で作る方法。

私が想い描く家具の製作方法や構造や細部の収まりが一体となった
家具の型がなんとなくあります。
技術専門校で習ったものとも少し違く、指物の型でもない。
昔から存在するベーシックな技術の延長上にあるもの。

木工は、敷居は低いのですが、奥は深い気がします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

子供達の夏休みの工作。
娘は、普段から図画工作が好きなので、燃えると思いきや、気分散漫。
息子の方が、工作に燃えています。
息子は、考えて、積み重ねていくほうが、得意なようです。

意外な発見。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-26 13:08 | ■家族の様子 | Comments(0)
8月24日 昆虫と工作
f0059103_12495329.jpg

f0059103_12495356.jpg

工房に入ってきた蝉。
小さい頃、こんな風に蝉を捕まえたことはありませんでした。

私の工房は、公園や家庭菜園が近いので、昆虫や鳥が入ってきます。
大きな黒アゲハや蜂も入ってきたり。
今年は、蝉を沢山見かけます。

昆虫も暑いのか、少しで日陰にと、工房に来るのでしょうか。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

夏休みの工作などの宿題は、今は選択性。
出品コンテストの一覧表から、各自選ぶ。
我が子供達は、工房で木を使って、何か工作中。

何ができるのか。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-25 12:49 | ■家族の様子 | Comments(0)
8月23日 量産と馴らし
量産というと、ベルトコンベヤーによるライン生産を思い出します。
現在、小量多品種生産、在庫減の為に、セル生産も行われていますが。
流れ作業のように、細かな部品を大量に取り付けて、秒単位で生産。

色々な状況での生産方法を見ていると、面白いです。
見て来たことが、長い時間経って、解決方法を教えてくれたり。
ヒントは色々なところに転がっているようです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

夏休みも終わりに近付く。
学校に行く生活に向けて、慣らし運転。
まずは早起きからでしょう。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-24 13:24 | ■家族の様子 | Comments(0)
8月22日 太陽とゴーヤ
暑さ、寒さもお盆まで。
それでも、暑さは続行中。

日曜は、私と息子でBBQに参加。
川の水も綺麗で、息子は水遊びを堪能。
大人は、食べて、飲んで。

太陽の日差しに、くらくら来た昼下がり。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

おすそ分けに頂くゴーヤ。
小さい頃は苦手だったのに、この年齢になると、あの苦さがたまらなく食べたくなる。
当然、子供達はなかなか箸が進まない。
自分の経験からも、苦手なのが分かる気がする。

それでも、少しは食べて、夏ばて予防に。
麻婆豆腐風ゴーヤチャンプルーは、かなり美味しいです。
妻が、食材の在庫で思いついた一品。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-23 12:59 | ■家族の様子 | Comments(0)
「しのだ日本酒の会」開催!!
地酒の縁で知り合えた、清水の篠田酒店さんの「しのだ日本酒の会」が、
今年も9月12日(日)に開催されます。

篠田酒店さんは、充実した品揃えや手書きの「紙ブログ」や味のあるPOPで
静岡県内の地酒好きから支持されている酒屋さん。
様々なお酒を知りつくした実力派のスタッフが揃っています。
「篠田酒店の選ぶ酒なら間違いはない!きっと上手い酒が飲める!!」と、
「しのだ日本酒の会」のチケットは毎年早々に売り切れてしまうそうです。

参加蔵元は静岡県内外から約20社。下記参加蔵元名をご覧ください。
美味しいお酒が飲み放題!
そして、もう一つのお楽しみのお料理は、なすびグループの地産地消料理。
篠田さんのことですから、日本酒に良く合うメニューに違いありません!

今年はまだ若干チケットがあるそうなので(8/21現在)、
是非参加したい、地酒に興味があるという方は、篠田酒店までお電話を。

【日 時】 2010年9月12日(日)
      *受付/17:00〜  *開宴/17:30〜19:30

【場 所】 清水マリンビル 1階多目的ホール
      (静岡市清水区日の出町9−25 TEL.054−353−2311 MAP)

【チケット代】 8,000円(税込)

【参加予定蔵元(50音順)】
 ★静岡県内:磯自慢、英君、開運、臥龍梅、喜久醉、國香、小夜衣、志太泉、正雪、
       杉錦、萩錦、白隠正宗、初亀、花の舞

 ★静岡県外:亀泉(高知)、義侠(愛知)、黒龍(福井)、豊盃(青森)、
       松の司(滋賀)、鳳凰美田(栃木)、グレイスワイン(山梨)

【お申込方法】 まずは、お電話でチケットの有無をお確かめください。
        (有)篠田酒店  TEL.054−352−5047

 ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・ ・・
 
今回は映画「吟醸王国しずおか」映像製作委員会もブースを出店します。
オリジナルお猪口ほか、地酒ファンなら垂涎もののレアアイテムも販売予定。
何が出るかはお楽しみに。
私も微力ながらお手伝いしている吟醸王国しずおかブースにもお立ち寄り下さい。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-21 12:46 | ■リスペクト | Comments(0)
8月18日 御影石と内臓
f0059103_143911.jpg

写真は御影石。
知り合いの石材屋さんから、頂いてきました。
砥石を平らにするために使います。

不思議な縁のある指物の方に、色々と話を伺いました。
今まで学んだことと違うことの一つが、鉋をまっすぐに研ぐこと。
学んだ技術専門校では、端は緩やかにカーブするハマグリにと。

指物の親方は、2枚の板が、隙間無くぴったりと作れれば、何でもできると。
その為に、まず砥石を完全に平らに。
絶えず、勉強です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

この時期、私と妻と息子は、お腹が時々痛い。
何かと考えていたら、冷たいものの飲みすぎ・食べすぎに違いない。
内臓も、冷たいものばかりで、バテしまったと判断。
温かい味噌汁が、じんわりと優しく感じられました。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-18 14:03 | ■家族の様子 | Comments(0)
8月17日 細かと熱源
適正な大きさで、適正な材料。
小さな部材の為に、大きな木材を使わないように。
細かな部材は大きさで管理しています。

細かな部材が必要な時、丁度のものがあると、とても便利。
細かな部材の必要な構造も採用しやすくなります。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

子供達は、エネルギーを発散している熱源。
夏なのに、くっついてきて、熱くてたまらない。
彼らは熱くないのだろうか。

冬には便利なのに、あまりくっついてこない。
大人と子供では、どうも感じる回路が違うのかも。
[PR]
by hwf05 | 2010-08-18 13:18 | ■家族の様子 | Comments(0)


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05
HAND WORKS FACTORY
works
shop & workshop
renova
life
*blog
about us

第38回、第44回静岡伝統産業工芸展『県知事賞』受賞

静岡県藤枝市鬼島700-1
℡ 080-5135-0650
E-mail:hwf05@w7.dion.ne.jp

Copyright(C)since 2005 H.W.F all rights reserved
カテゴリ
□お知らせ
■工房とプロフィール
■ご紹介
■工房の様子
・家具
・雑貨と玩具
・修理
・お取扱い
■製作の道のり
・材料と道具
・情報と資料
・掲載
■家族の様子
・子供の創作
・お気に入り
・心に残った言葉
■リスペクト
■東海地震への備え
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
タグ
画像一覧
検索
記事ランキング