10月20日 黙々と
夜、黙々と自宅で手作業をしています。
自分の手で、静かに作業していると、追い立てられる気も少なく、
落ち着いて、目の前のことに取り組める。

少しずつ、一日の作業の割り当てと意味合いを調整しています。
生活全体が、気持ち良く流れていくのが理想。
子供たちの元気で騒がしい感じと上手く混ざり合えるように。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-20 13:33 | ■家族の様子 | Comments(0)
10月19日 2の人とクラッシャー
娘は、工業高校の建築学科で学んでいます。
普通科目の他に専門の科目もあり、とても大変そう。
更に、建築研究会にも所属し、どっぷりと浸かっています。

課題や応募するものもあるようですが、都市インフラに関する
全国的な作文のコンクールで2位を貰ったようです。
1位は官庁まで行って表彰されるようで、悔しがっていました。
県の会合で読むことになったそうで、緊張感ありそう。

娘は2番目の子で、2002年、2月22日、20時に産まれた2の人。
今回も、2の人の本領を発揮。
壁を越えて、1の人になるのを期待したいと思います。

子供が大きくなり、部屋は散らかしていますが、物を壊すことはなくなり、
一安心していたこの頃。
飼い猫という新たなクラッシャーが現れました。

高いところに登り、物を落とすこと、落とすこと。
どうしたことかと思いますが、そこまで登るのか!という驚きが強く、
あまり怒れずにいます。
盗み食いだけは必ず怒る、という甘やかし具合です。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-19 13:30 | ■家族の様子 | Comments(0)
神奈川に出張!スツールの座編みワークショップを開催します
明野設計室&ハンド ワークス ファクトリー共同主催
     『大人のワークショップ』

スツールの座面を編もう!vol.1

M,L2サイズのスツールのフレームから1つ選んで頂き、
ペーパーコードで座面を編む、
好評を得ているワークショップを開催致します。
スツールの座面を完成させ、その1脚をお持ち帰り頂けます。
明野設計室さんのブログもご覧ください。
f0059103_15474783.jpg
今回は、神奈川県の明野設計室さんに出張して、開催いたします。
・開催日時 11月26日(日)10時~16時
・場所:明野設計室一級建築士事務所
    神奈川県川崎市麻生区王禅寺西1-14-4
    小田急線新百合ヶ丘駅から徒歩10分
    http://tm-akeno.com/
   ※車でお越しの方は、近隣の有料コインパーキング
    をご利用頂けるようお願いいたします。
・材料費(税込):M:8000円(写真中央)W32×D23×H32cm
         L:13000円(写真右)W40×D26×H43cm
 ※Mサイズは、靴の履き替えや作業椅子に、
  Lサイズは食卓の補助の椅子や勉強椅子に便利です
  座面の色は、ベージュか黒のどちらかをお選び下さい

・講習費(税込):1000円
・定員:6~8名(予約制)
・締切:11月24日(金)
・持ち物:軍手か皮手,マイナスドライバー,昼食(お弁当,パン等各自ご用意下さ
い)
・講師:久留 聡(ハンド ワークス ファクトリー)
・お問合せ・主催:
  *明野設計室一級建築士事務所
   TEL/FAX 044-952-9559 E-Mail tmb@juno.ocn.ne.jp
  *ハンド ワークス ファクトリー
   TEL 080-5135-0650 E-Mail hwf05@w7.dion.ne.jp
 ※受講者の方には、スツールのフレームキットの販売も可能です。
  椅子やベンチの専用フレームも、開発中です!
・お申込み:明野設計室一級建築士事務所
 E-Mail tmb@juno.ocn.ne.jp  TEL/FAX 044-952-9559

参加ご希望の方は、以下の内容をお知らせください。
メール、FAX、TELいずれの方法でも結構です。
・お名前
・ご住所
・電話番号
・人数(大人・子供)
・スツールのサイズ・個数・座面の色

ご不明な点があればお気軽にお問合せください。


[PR]
# by hwf05 | 2017-10-18 15:53 | □お知らせ | Comments(0)
10月17日 漆と幹
仕事が終わってから、漆の講習会に参加しています。
色漆を用いた変わり塗りの講習と拭き漆の講習を合計で半年ほど。
6年以上通っている気がします。

漆は、学ぶほどに、その性能の高さと面白さに気付き、
小中学生の頃の図画工作のような、純粋な楽しさを感じます。

ただ、最終的には、商品や作品に落とし込みたいと思っており、
漆は手間の掛かる工程から高価なものになってしまいがちなところで、
どの様に用いるか、オリジナリティをどこに求めるか、考えています。
当然、漆塗りのプロには技術は劣るわけで、同じやり方では商売にならない。

色々と試行錯誤することは、実験だったり、挑戦することですが、
そこで、基礎というか、初歩の部分を重要視しています。
素人臭く見え、笑われるような技術や結果だったりしますが、
そこまで戻らないと、自分らしい道、新しい道も見えにくい。

技術の延長上にばかり眼を向け、最後に枝葉しか残らないことにならないよう、
大きな幹の部分にまで立ち戻り、自分が伸ばすべき方向を探る。
そんなやり方が好きです。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-17 13:53 | ■工房の様子 | Comments(0)
10月16日 フードロスと弁当とコンポスト
投稿する記事は、その場で思い付けば良いのですが、そうもいかず、
早めにこれを書こうと心に留めておきますが、書く時には忘れてしまう。
自分の記憶力に頼り、行動するのが怪しい年齢になってきました。
そんな中、どうにか思い出し投稿です。

最近話題のフードロス。
我が家では、殆ど出ることも無く、冷凍庫に色々と入れてしまう。
生ものは、賞味期限前に火を通して、具材にするか、冷凍しておく。
早め早めに、対策をうっておく。

そして、日曜日に食料を買ってきて、弁当のおかずのストックを作るのが、
市販の冷凍食品を使わず、朝の弁当作りの戦いに勝利するポイント。
そして、冷凍したものは、電子レンジで解凍。
肉を茹でたお湯は、スープストックとして利用し、味噌を使う量を減らす。

涼しくなってきた最近は、料理が傷む場合も減り、鍋料理も増え、気が楽です。
生ゴミも、コンポストで土に還し、若干の骨は、猫の餌に。
コンポスト内部は、サラサラの状態とはいきませんが、
水分が多い時は木屑を混ぜ、一応それしくなっています。

まさに、取り留めのない、食べ物の循環に関するお話でした。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-16 13:27 | ■家族の様子 | Comments(0)
10月14日 ゲームと敗北
我が家には、仕事でもお世話になっている百町森で買ったカードゲームや
ボードゲーム、積み木、組立玩具などが沢山あります。
子供が小さな頃にはまったもの、少し頭を使うようになってはまったもの。
息子は、百町森主催のガイスター大会で優勝経験もあり。

記憶力が落ちてくる私達と伸びてくる子供達。
思考パターン、駆け引きを知っている私達と抽斗が少ない子供達。
50歳前後の私達と高校生の子供達との勝負は、色々と抜かれ始めて
だからこそ、勝負が面白くなってきています。

神経衰弱系は、圧倒的に敗北宣言。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-14 14:18 | ■家族の様子 | Comments(0)
10月13日 家事と分担
子供達は、家事の手伝いが1日1つは分担あり。
家事も、私自身好き嫌い、得意不得意があるように、
子供二人も、得意不得意がある。

雨戸の開け閉めは時間が少なくて済む気もしますが、
朝起きてすぐするのが、娘は気が乗らないらしく、
今は洗濯物畳み。
息子は、夕方の食器の洗い物。

二人とも、だんだんと慣れてきて、早くなっている。
私も、時々するアイロン掛けですが、
自分ができるようになるとは思ってもみなかった。
やれば出来ると言うことでしょうか。

「出来る出来ないかではなく、やるかやらないかである。」
やってみて、失敗してもしばらく続けてみてから、
自分の能力を判断するのも、遅くないのかも。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-13 13:48 | ■家族の様子 | Comments(0)
・長谷守保建築計画 一級建築士事務所
お世話になっている建築家のご紹介、第7回(アルファベット、五十音順)

地元の木材を活用しつつ、現代的な空間を提案されています
大胆で印象的な外観と、素材にとても丁寧な配慮をされている気持ちの良い空間です
北欧家具をとても沢山持つ、本物を知る眼で造られている建築です

WEB http://hase-a.com/
〒432-8014
静岡県浜松市中区鹿谷町12-2
TEL  053-482-7320
Email hasem@hase-a.com

【H.W.F納品】
・Fj_house
・Ad_shop+house
・Ty_house

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-12 13:58 | ■ご紹介 | Comments(0)
10月11日 追体験
横浜のお客様と半年ほど、センターテーブルの製作についてやりとりしています。
お客様は建築関連の方で、デザインや強度に対する思い入れがあり、
ご要望に対して、出来ることを提案させていただいています。

私の工房は、お客様の依頼に合わせ製作することを目標としているので
どのようなデザインでも可能です。

そして、私は学生の頃に建築を学んでいますので、意匠や構造の話、
北欧家具を多く見たことによる美しいフォルム、
生活の上での使い易さ、製作を知ることによる品質、耐久性、加工の限界など
多角的な視点から提案できます。

お客様に、色々な視点から商品を完成させていくという、
物作りの大変さと醍醐味を追体験して貰っています。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-11 14:05 | ■工房の様子 | Comments(0)
10月10日 中華鍋と新聞
作るのが一番好きな料理は、中華料理。
料理本は、中華だけ持っています。
火を大胆に使うことと、辛いのが好きな理由。

一人暮らしの時に、中華鍋、五徳、お玉を手に入れましたが、
手に入れてから20年を越えて、残っているのは中華鍋のみ。
熱して、油を敷いて、料理する。
湯気が上がり、お玉の当たるカンカンという音。

テフロンのフライパンのように、使い始めが一番良いのでなく、
使うほどに、味わいが増し、水はじきも良くなる。
時間の経過が、思い入れを強くする、そういう道具が好きです。
私たちの作る家具も、同じように思って貰えるように作っています。

新聞を読むのが割りと好き。
活字中毒の面があり、字を読むと落ち着く、
あるいはそういう時間を持てていることに、心が納得する。

新聞や書籍といった、実体を伴う文章には責任感と思い入れが感じられ、
書いた人の胸の奥に閉まっている言葉が、私の胸の奥に響いてくる。
砂浜の波のように、押したり引いたりしながら、
シーグラスのような、言葉を運んでくれる。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-10 13:19 | ■家族の様子 | Comments(0)
10月9日 配置替えと褒めて貰う
昔から、模様替え、配置替えが好きでした。
こうしたら、もっと使いやすくなるかな、とか
こっちの方が格好いい気がする、とか。

流石に、結婚して家族がいると、すべきことが多く、
模様替えをする機会も減りました。
パソコンや映像機器も多くあり、配線、セッティングの
煩わしさも、影響していると思います。

しかし、久し振りに、色々な問題点を解決するために、
配置替えを決行しました。
片付けが好きなので、その工程を考えていきます。

大事なのは、一旦荷物を広げて、また収めていく仮置き場をどうするか。
これを考えておかないと、一旦保留しておくことが出来なく、
やってみると、作業がどんどん増えてしまうことがあります。

思っていた以上に、使い勝手が良かったり、空間が広がったり
見え方が良かった時に、自慢したくなります。
当然、子供達に褒めて貰います。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-09 14:31 | ■家族の様子 | Comments(0)
10月7日 読書と風
限られた読書タイムは、ほぼトイレの中だけ。
あまり綺麗な話でなくて、ごめんなさい
セルフリノベしているトイレには、小さな本棚が付いています。
セルフリノベの楽しさと可能性については、機会がありましたら。
(不便さ、大変さ、物珍しさによる他人の目を受け入れれば、
 変更調整修理可能で、住むほどに空間が進化していく醍醐味!!)

ビジネス書も多く読むようになって、文学を読む機会も減り。
そんな中で、時々思い返したように読む本、ずっと一緒にある本。

なぜか、少しの時間で読みたくなるのは、
宮沢賢治、開高健、星野道夫、池澤夏樹、山際淳司の短編。
心の中に、涼やかな風が流れていきます。

松本の、夏の真っ盛りの、暑い日差しの中の
寮の中庭に通じる、2階の廊下が被さった軒下の通路に
木製の椅子を一つ持ち出し、何気なく腰掛け
少しの湿り気を運び、少しの熱を奪っていく
自然の炭酸水のような、ゆっくりと体に広がっていく

そんな風です。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-08 07:07 | ■家族の様子 | Comments(0)
10月6日 すったもんだと言葉
現在のお客様や取引先との連絡手段はメールが殆ど。
パソコンやメールの調子が悪いと、職人でも不都合が多いです。

昔から使っている、 Macのデスクトップが1台、
ネットや周辺機器との接続にWindowsのデスクトップが1台。
サブで、両方のノートブックが1台ずつ。

これだけあっても、メインの1台が調子悪くなると、すったもんだの事に。
メールが使えず、プロバイダーに電話をかけましたが、
最近のコールセンターは、質問したことにしか答えてくれないというか、
積極的に解決しようと動いてくれない気がするのは私だけ?

自分達と関係ないところの原因にして、対応できないと。
こちらが状態を把握して、指示するくらいにならないと、解決しない。
理由は分かりませんが、サーバー内のデータ量は少ないメールを削除したら解決。
これって、使用不可にして、買い替えを促す新手の作戦なのか。

人生の中に、私にとって、メンターと呼べる方がいます。
時々お会いするときに、色々と意見を伺います。
同じ言葉でも、時と場合によって、違う意味を持つと実感します。
今、改めて、より明確にすべきことに気付かせて、貰いました。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-06 13:41 | ■工房の様子 | Comments(0)
10月5日 集中と片付けと削り
不思議と集中することがあります。
昨日、宅急便が多く届いたり、椅子の注文や椅子の修理が溜まったり。
色々な事には、波があるのだと実感します。
椅子の製作や修理が、家具製作の中で、一番大変なので、乗り切らないと。

少しずつ進めているリノベ。
今は、片付けに集中する必要がありそう。
棚を移動したり、屋根裏に床を張ったり。
製作も大事ですが、片付けや掃除も同じくらい大事。

椅子の基本骨格が出来てから、削りを調整していきます。
機械で出来ることと出来ないことと、手道具に向いていること。
強度やラインを考えたりと、最後の処理であっても、試行錯誤。
美しさを生み出すには、考えることが欠かせない。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-05 13:32 | ■工房の様子 | Comments(0)
・菰田建築設計事務所 一級建築士事務所
お世話になっている建築家のご紹介、第6回(アルファベット、五十音順)

誠実で気持ちの良い住宅に、大胆で繊細な工夫があります
色々な素材をとてもよく知り、細部への丁寧な気配りが行き届いています
ほっとする安心感と、ワクワクする楽しさをとても感じます

WEB http://www.archi-komo.co.jp/
〒337-0041
埼玉県さいたま市見沼区南中丸1129-3
TEL  048-683-7899 Mail 
Email info@archi-komo.co.jp

【H.W.F納品】
・三軒茶屋の家

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-04 13:52 | ■ご紹介 | Comments(0)
10月4日 色々な椅子
f0059103_1330664.jpg
左がオリジナルのショートアームチェア、中央がニッシンのチェア、
右がウェグナーのYチェア。
お客様から依頼された円卓の雰囲気を椅子に合わせるため、
中央の椅子を先に送っていただきました。

そして、ニッシンの椅子が、手頃な価格で、座り心地、フォルムが良い。
色々な部材で、生産性とコストダウンの工夫が見られ、貫が無いのも特徴。
パーツに関して、とても考えられていると感じます。

Yチェアは、アームが大きく、ダイニングには使い難い一面もありますが、
削りだし、曲げ木、整形合板など、技術の組み合わせとフォルムの美しさ。
世界で最も売れている椅子というだけあります。

私達の工房のオリジナルの椅子は、他の2脚より剛性感が高く、
座り心地も良く、品質を優先しているので、とても嬉しい。
フォルムや構成はオーソドックスですが、シャープなデザイン。
椅子は、家具の中では消耗品に捉えられがちですが、
長く使って貰うことを前提に、製作しています。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-04 13:47 | ■工房の様子 | Comments(0)
10月3日 オーダーメイドと品質
オーダーメイドの家具は、寸法だけ指定でのお任せから
お客様のフォルムやディテールへのこだわりも、反映可能です。
そして、ご要望に対して、家具製作のプロとして、高品質や
美しい細部を図面などで提案します。

大量生産ではできない、自分のリクエストを反映した家具を
高品質で手に入れることができる。
それが、特注の家具屋に頼む楽しみです。
その分、納品までに時間が掛かりますが、楽しみに待っていただければ、
それに見合う、永く愛着を持てる家具が到着します。

一品一品考察し、製作するのは、大変ですが、
喜ばれるお客様の顔を見るのが楽しみです。

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-03 13:10 | ■工房の様子 | Comments(0)
・小堀哲夫建築設計事務所 一級建築士事務所
お世話になっている建築家のご紹介、第5回(アルファベット、五十音順)

日本から世界まで活躍の場が広がっている注目の建築家です
大規模な建築物から、住宅まで設計を行っています
静岡県天竜区の研究開発施設「ROKI Global Innovation Center -ROGIC -」は
数多くの賞を受賞しています

WEB http://tk-a.jp/
〒113-0001
東京都文京区白山1-5-4 HAKUTSUBOビル3F
TEL  03-6801-8321
Email info@tk-a.jp

【H.W.F納品】
・Y邸

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-01 10:14 | ■ご紹介 | Comments(0)
9月30日 納品の帰りに
学生の時以来の小淵沢
山並みと涼しい空気
有名な三分一湧水
f0059103_13503590.jpg

f0059103_135036100.jpg

[PR]
# by hwf05 | 2017-10-01 09:54 | ■工房の様子 | Comments(0)
9月29日 通学と体力
高2の息子は、片道14キロを自転車通学で、雨の日は、行きのみ送迎。
高1の娘は、電車通学で、駅までの4キロを自転車通学、雨の日は同じ。
遠い大変さと、乗り過ごす怖さ、どちらも大変。
私は、高校はそれなりの距離で、自転車通学でした。

子供達には、私が大学1年の頃、自宅から駅まで5キロ、電車の後、
自転車で一山越えて6キロ位で、授業に出て、そして
部活のため、他の校舎まで、また自転車で駅まで一山越え、降りた駅から走り、
そして部活で走り、帰りは駅から自宅まで自転車で帰った話を力説。

あの頃、体力には自信があった。
帰り、単線の電車を乗り過ごし、戻るのに1時間かかったり、終点で途方にくれたり。
その駅舎もずいぶんと綺麗になっていて、驚きました。

[PR]
# by hwf05 | 2017-09-29 14:59 | ■家族の様子 | Comments(0)


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05