タグ:椅子 ( 2 ) タグの人気記事
10月5日 集中と片付けと削り
不思議と集中することがあります。
昨日、宅急便が多く届いたり、椅子の注文や椅子の修理が溜まったり。
色々な事には、波があるのだと実感します。
椅子の製作や修理が、家具製作の中で、一番大変なので、乗り切らないと。

少しずつ進めているリノベ。
今は、片付けに集中する必要がありそう。
棚を移動したり、屋根裏に床を張ったり。
製作も大事ですが、片付けや掃除も同じくらい大事。

椅子の基本骨格が出来てから、削りを調整していきます。
機械で出来ることと出来ないことと、手道具に向いていること。
強度やラインを考えたりと、最後の処理であっても、試行錯誤。
美しさを生み出すには、考えることが欠かせない。

[PR]
by hwf05 | 2017-10-05 13:32 | ■工房の様子 | Comments(0)
10月4日 色々な椅子
f0059103_1330664.jpg
左がオリジナルのショートアームチェア、中央がニッシンのチェア、
右がウェグナーのYチェア。
お客様から依頼された円卓の雰囲気を椅子に合わせるため、
中央の椅子を先に送っていただきました。

そして、ニッシンの椅子が、手頃な価格で、座り心地、フォルムが良い。
色々な部材で、生産性とコストダウンの工夫が見られ、貫が無いのも特徴。
パーツに関して、とても考えられていると感じます。

Yチェアは、アームが大きく、ダイニングには使い難い一面もありますが、
削りだし、曲げ木、整形合板など、技術の組み合わせとフォルムの美しさ。
世界で最も売れている椅子というだけあります。

私達の工房のオリジナルの椅子は、他の2脚より剛性感が高く、
座り心地も良く、品質を優先しているので、とても嬉しい。
フォルムや構成はオーソドックスですが、シャープなデザイン。
椅子は、家具の中では消耗品に捉えられがちですが、
長く使って貰うことを前提に、製作しています。

[PR]
by hwf05 | 2017-10-04 13:47 | ■工房の様子 | Comments(0)


静岡県藤枝市の旧東海道沿い。家具・プロダクト工房の日々の風景。   第38回、第44回静岡伝統産業工芸展で県知事賞受賞。
by hwf05
HAND WORKS FACTORY
works
shop & workshop
renova
life
*blog
about us

第38回、第44回静岡伝統産業工芸展『県知事賞』受賞

静岡県藤枝市鬼島700-1
℡ 080-5135-0650
E-mail:hwf05@w7.dion.ne.jp

Copyright(C)since 2005 H.W.F all rights reserved
カテゴリ
□お知らせ
■工房とプロフィール
■ご紹介
■工房の様子
・家具
・雑貨と玩具
・修理
・お取扱い
■製作の道のり
・材料と道具
・情報と資料
・掲載
■家族の様子
・子供の創作
・お気に入り
・心に残った言葉
■リスペクト
■東海地震への備え
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
タグ
画像一覧
検索
記事ランキング